薫る夕暮れ、わかりはじめる

読んだもの、観たもの、いただいたもの、詠んだ短歌などについての記録。

12月10日(火)

12月10日(火) ◇午前、家で仕事。お昼に近所のお蕎麦屋さんで穴子天そばを食べて、年越し蕎麦を注文。吉祥寺に出て、乾燥肌のこどものための石鹸と、お礼したい方への「あまの」の揚萬念(揚げまんじゅう)と、クイックルワイパーの柄と(あんなに大きなも…

12月9日(月)

12月9日(月)◇午前、講義2コマ。近世日本語の音韻、日本語の語彙など。◇少し疲れた。最近いちばん怖いのは、重たいカバン。荷物が重たく出来ることを自分の誇りのように思って、本や辞書を多めに装備したりこどもを抱っこしながら遠くのスーパーまで安いも…

12月8日(日)

12月8日(日) ◇上の子は友達と近所のイベントへ。拗ねた下の子をセブンイレブンへ連れて行き、おむすび3つとジュース、そして欲しいと言い張る歯間ブラシ、ブルーレット置くだけを買ってやる。なんでそんなものが欲しかったのかわからないけれど、家のもの…

12月7日(土)付・近藤芳美『冬の銀河』

12月7日(土) ◇午前中、こども達と過ごす。午後、山崎聡子さん歌集『手のひらの花火』批評会。 かなり高度な技術面での指摘が多かったのは、山崎さんの実力を踏まえてのことなのかも知れない。文体との契約という話が身に突き刺さるようだった。「文体との…

12月6日(金)付・近藤芳美『歴史』など

12月6日(金) ◇家で仕事。夕刻、地元商工会のタウンショップで手作りミートソースを食べる。アイスティーの茶葉(アールグレイ)もよくて美味しい。すぐ近くに郵便局があるから、ここで短歌研究詠草のハガキを書いたりもした。地元農家の野菜や地元の店のお…

12月5日(木)付・近藤芳美『静かなる意志』

12月5日(木) ◇午後、授業3コマ。『伊勢物語』39~40段、森有正『木々は光りを浴びて、・・・』、中世日本語の文法など。 ◇帰りに立川のオリオン書房をはしごして、歌壇、短歌研究、角川短歌を買う。お店の間で電話をかけて在庫確認をしてもらった。助か…

12月4日(水)

12月4日(水) ◇家で仕事。夕刻、こどもたちとインフルエンザの予防接種に出かける。注射で泣いたことはないけれど、針が迫ってくる瞬間、職場はどこにあるとかそういうレベルの世間話すら正常に受け答えできないくらいには動揺してしまった。会話の相手だっ…

12月3日(火)付・近藤芳美『埃吹く街』

12月3日(火) ◇よくわからぬことをよくわからぬと思うことで一日を費やした。寝る前の結論として、あまり人のことを気にせずにやりたいことに惜しみなく時間を注ぐと決めた。人生での一番の、夢にみた贅沢。 ◇夕刻、居間の掃除。2ヶ月前に買ったまま放りっ…

12月1日(日)、2日(月)

12月1日(日)◇午前、短歌研究詠草。書き上げたものと仕事で必要な郵便物を武蔵野郵便局まで出しにでかける。 ◇午後はこどものテニス。上の子が滑って頭を打つ。難しい球をとろうとしたのかと思ったら、友達が打つのに見とれて転がっているボールを踏んだら…

11月29日(金)、30日(土)

11月29日(金) ◇午前、イギリス詩を研究している知人の部屋をたずねる。紅茶と焼き菓子をいただきながら、あっという間に2時間話し込む。日本語や英語の歴史、イギリスの詩、書くことと論じること、かつての政治の中心地で暮らすことなど。とても厳しく、…

11月28日(金)

11月28日(金) ◇午後、授業3コマ。『伊勢物語』31~38段、梶井基次郎についての関井光男のエッセイ、中世~近世の文字、表記、辞書史。 ◇歌が2日作れずにいる。歌を作る以前の問題がある心の状態であったから、正しい停止なのかもしれない。けれど毎…

11月27日(水)

11月27日(水)◇考えることで日が暮れた一日。窓の外が明るくて、いい一日だった。◇自分の判断や決断には自信を持つべきであるという結論にいたった。つまり託して大丈夫と判断した事柄は、託してよいということ。◇最近、うちの家族は前世では玉川兄弟だった…

11月26日(火)

11月26日(火) ◇仕事なし。午後、上の子の個人面談、習いごと。どちらもよい話ばかりだった。 ◇詠草を固めようと思ったけれどうまく行かず。 ◇こどもはひとりでどんどん成長していくのに、私がそれにうまく共鳴できないでいるのは非常に大きな問題。同じこ…

11月25日(月)

11月25日(月) ◇午前、講義2コマ。中世の音韻、敬語の揺れについてなど。 ◇午後、『近藤芳美論』読了。月末投稿の歌。うまく心が開かずに、断片のようなものを書き散らした。経験的に言えばこういう時は少し粘ると予想以上にうまくいく。 ◇大島史洋さんの…

11月24日(日)

11月24日(日)◇午後、こどもの習い事、買い物。◇次のことを考えてばかりで、心がここにない一日。何を見ても羨ましくないが、羨ましいと思うことが誰かを大事にすることではない、と思い込むことにする。◇読んだ本『近藤芳美論』時間取れず。時間というか、…

11月23日(土)

11月23日(土) ◇朝、題詠blog2013に20首投稿。あと30首。月末の投稿の歌を先に作って、続きはそのあとで。完走したい。 ◇夕刻まで家で過ごす。何となく考えごと。夕方からこどもと東京ドームシティに出かけて、マジクエスト2時間。 ◇短歌の面では、最初の…

11月22日(金)

11月22日(金) ◇仕事無し。午前、家事など放りだして三鷹の森ジブリ美術館。近隣市の住人は特別枠があって、余っていれば当日でも入れるのだ。だからといってひとりジブリできる自分がどうかとは思うが、あれはもう博物館であり美術館。 ◇ジブリ美術館には…

ゾートロープの庭(題詠blog2013投稿作品)

ゾートロープの庭(題詠blog2013・051~070) 「一般のお客様」として美術館に列なす時の船に乗る心地(051:般)ジブリの森の入り口は地下 石段をフラットダブルフラットとくだる(052:ダブル)受付の椅子に大きなトトロいて子は目をきらめかせつつ、止まれ…

11月21日(木)

11月21日(木) ◇午前中、題詠を少し進めようとするけれど3首しかできず。 ◇午後3コマ授業。『伊勢物語』28~34段、海野弘の梶井基次郎にまつわるエッセイ、近世の音韻など。 ◇夜、いつも誘って下さる知人と食事。突然「次からすれ違った時に私がウイ…

11月20日(水)

11月20日(水) ◇最近約束を破ったり寂しい思いをさせがちだったので、保育園通いの下の子を休ませてジブリの森美術館につれていった。ベンチやドアノブや階段の形など、隅々まで細かく作り込んだ造形に、何度来ても息をのむ。そして全てがこども目線の大き…

11月19日(火)

11月19日(火) ◇題詠blog2013に、041~050の十首投稿。残り50首。 ◇仕事はなし。午後、保育園の保護者会。4~5歳児の心と体の特徴について聞いたのち(これがとても役に立つ)、ひとりずつ最近のわが子と家族の夢についてコメントする時間。みんな話すの…

11月18日(月)

11月18日(月) ◇午前中講義2コマ。江戸時代の言語資料、敬語についてなど。準備不足。 ◇午後、題詠blogに10首投稿。040まで投稿済。 ◇内外問わず、一日中泣いていた。いろいろなことを思い出している時期だからだと思う。そのうち思い出すことにも慣れてく…

カステラのような(題詠blog2013・041~050)

カステラのような(題詠blog2013投稿作品) ほろほろと刺せば崩れるカステラのような感情が胸にある(041:カステラ) そっちへは行きたくないなこの若葉の並木抜けたら焼けあとの家(042:若) ガムテープを慣れた手つきで剥がしては両目の上に何枚も貼る(04…

話はおよぶ(題詠blog2013・031~040)

話はおよぶ(題詠blog2013投稿作品) ブブー、はずれ、と三度に二度は言わせつつ湯船の中のクイズ延々(031:はずれ) けらけらと体くねらせ笑う子のこの眼 時には獰猛なこの眼(032:猛) 夕張メロンソーダの壜を捨てず子は夏、秋、冬と風呂に浮かべて(033…

11月17日(日)

11月17日(日)◇マンションの住人の総会、理事会。理事は当番制だからいつかやるものだけど、運悪く理事長になってしまった。やりたくはなかったが、客観的に眺めればうちがやる他ない状況だったかもしれない。どの家もそれぞれの事情をかかえて暮らしている…

11月16日(土)

11月16日(土) ◇朝、小学校の学芸会。娘が『半日村』の一平を演じるのを観る。やっぱり嬉しいものだ。私が主役をもらったのも幼稚園の頃の『ききみみずきん』だけで、男の子がいても男役が回ってくるあたりがそっくりになってしまった。 ◇夕刻、こどもを送…

11月15日(金)

11月15日(金) ◇仕事なし。家事、買い物など雑務。夕刻こどもの習い事。 ◇NHK短歌「読む」「クリスマスパーティー」投稿。17日の歌会の詠草を送る。週末の外出の算段。さまよえる歌人の会に、参加させてもらってみることにした。ハイレベルだけれどきち…

11月14日(木)

11月14日(木) ◇からだが重くて全く起きれない朝だった。夫に口に煎餅を入れてもらって、10時半にようやく起きる。おめざとはこういう時に必要なのだと発見した。 ◇車で職場まで送ってもらう(これは毎週)。3コマ話す。『伊勢物語』24段~27段、梶井…

11月13日(水)

11月13日(水) ◇仕事はなし。皿を洗って、題詠blogに10首投稿して、外に出て少し本を読んだ。 近頃見るもの聞くもの全てが、自分の心持ちのせいで憂鬱。 ◇とりわけ憂鬱なのは、山に登る計画を海や森が好きな友人達と立てていること。 おもしろがって聞いて…

万国旗の下(題詠blog2013・021~030)

万国旗の下(題詠blog2013投稿作品) 石段で靴を脱いでは履かせあい夢が光りあう仲いとこは(021:仲)みぞれ梨ジュースふたりで分け合って君の5歳の秋を見送る(022:梨)笑ったり笑わなかったりする母を子は不思議そうに見上げていたり(023:不思議)神妙な…