読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫る夕暮れ、わかりはじめる

読んだもの、観たもの、いただいたもの、詠んだ短歌などについての記録。

話はおよぶ(題詠blog2013・031~040)

短歌作品

話はおよぶ(題詠blog2013投稿作品)

 

ブブー、はずれ、と三度に二度は言わせつつ湯船の中のクイズ延々(031:はずれ)

 

けらけらと体くねらせ笑う子のこの眼 時には獰猛なこの眼(032:猛

 

夕張メロンソーダの壜を捨てず子は夏、秋、冬と風呂に浮かべて(033:夏)

 

困ったという顔すれば勢いをいよいよ増して飛んでくるお湯(034:勢)

 

ひとしきりお湯で遊んで子を抱けば話はおよぶ今日の後悔に(035:後悔)

 

園のことを聞けばおおむねはきはきと時に言葉少なに吾子は(036:少)

 

君の心を哀とか恨と名づけかけて君の表情のまま覚える(037:恨)

 

はい、ならば言えるがイエス、とは言えぬ私の母語の暗闇のこと(038:イエス)

 

ビービー弾を丸めたティッシュに詰め替えて湯上りの銃撃戦よけれ(039:銃)

 

やすやすと裸でいるなと湯上りの姉妹にそれは誇りと言えど(040:誇)