読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫る夕暮れ、わかりはじめる

読んだもの、観たもの、いただいたもの、詠んだ短歌などについての記録。

カステラのような(題詠blog2013・041~050)

短歌作品

カステラのような(題詠blog2013投稿作品)

 

ほろほろと刺せば崩れるカステラのような感情が胸にある(041:カステラ)

そっちへは行きたくないなこの若葉の並木抜けたら焼けあとの家(042:若)

ガムテープを慣れた手つきで剥がしては両目の上に何枚も貼る(043:慣)

IKEAより日本の家具が頃合いで表情も大きくはないだけ(044:日本)

お喋りをしていて欲しい種ほどの憎しみが空を裂かないように(045:喋)

稜線を見れば泣くから電車待つ間は東ばかりを向いて(046:間)

庭師には庭師の心 繋がらずあった電話も恩恵と思う(047:繋)

感傷は尽きぬが南アルプスの水を飲む 東から来る客車(048:アルプス)

憎むべきものは見えねば憎しみをひと括り 匂いすぎる残飯(049:括)

居住地をメールし終えて西の空東の空を交互に眺む(050:互)