読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薫る夕暮れ、わかりはじめる

読んだもの、観たもの、いただいたもの、詠んだ短歌などについての記録。

4月18日(金)、19日(土)

日記

418日(金)、19日(土)

18日は学校。先輩方とはじめてたくさん話をした。同人誌作りたい。文フリに出たい。

19日(土)。こどもたちと武蔵野プレイスへ。武蔵野市のぜんぶの『百年の孤独』がやっぱり貸出し中。『コレラ時代の愛』を借りてかえってきた。

◇夕方、久しぶりに夫の実家へ。武蔵境の成城石井で苺とサーモンのたたきをお土産に買って出かけて手巻きずしをごちそうになった。こどもたちは甥っ子と大騒ぎ、私は義母から夫の子供時代についてお皿を洗いながらたくさん聞いた。いつまでたってもはじめて知る話が尽きないし、知っていたはずの話が突然全然違った印象で見えてしまうことも時々だけれど確実にある。新しいことを知ったからといって私のやるべきことが変わるわけではないかもしれないけれど、些細な会話の中で私が選ぶ言葉が、今までのものから変わっていくかもしれない、と思った。

◇海彼歌会(東京)の準備。歌会ひとつひらくのも大変だ。いい歌会をいつでも準備できるような状況を自分で作っていかなければならない。歌会がないとどうにも始まらないし、歌会はなるべくほどよく大勢の方が楽しい。

◇忙しい。

 

◇歌作◇

・海彼歌会出詠歌1首。過去作を改稿して。

・うたつかい7月号 自由詠5首のうちの4首、題詠1首。あと1首が出てこない。

 

◇読書◇

ガルシア・マルケスコレラ時代の愛』(途中)

・『近藤芳美集』第3巻『アカンサス月光』(途中)